天のシナリオ

天意は、魂が知っている。

私達には、生まれ持った天の才能というものがあります。そして「この才能を使って、こう生きなさい」という、天の意思を天意と呼びます。すなわち人生を成功し続けるためには、『天意に沿って生きる』ことが不可欠です。

この天意から外れてしまうと、いくら努力しても上手く行きません。進めば進むほど、迷いや苦しみを感じてしまうことになります。自分の好きなことと、得意なことは違うのです。必ずしも、好きなことが才能ではありません。

人生は、やりたいことだけでは成功できません。『やりたいこと(好きなこと)』ではなく、『やるべきこと(天の才能)』を見つける必要があるのです。案外と好きなことのすぐそばに、本当に好きなことがあったりします。そういう意味では、神様は少し意地悪ですかね・・・?

では、どうやって天意を探るのか?実はそこに自分自身との対話が登場します。なぜなら本当の自分の心(魂)は、その天意を知っているからです。自分自身に聞きながら、小さな目標を達成しながら進む。現実的に、手の届く範囲の小さな目標ならば行動できるはずです。当然ですが、祈っているだけでは結果は出ません。

出来る事にチャレンジしながら、失敗と成功を繰り返す。そうやって自分と相談しながら行動し続けることが、天意を探ぐるコツです。そして天の計画に沿って、論理的に実践していく決意をする。実践する場を与えてくれていると思えば、神様は意地悪ではありませんね。

PAGE TOP