今をどう生きるか?

人生とは『今』の繰り返し

人生とは『生まれてから死ぬまでの間』のことです。この限られた時間の中で、はたして人生の答えは見つかるのでしょうか?確実に分かっていることは、肉体に与えられた時間は一方向にしか流れないということです。過去には戻れません。そして未来は、今の積み重ねによって作られます。そう考えると過去を悔んだり、1年後を心配するより「今をどう生きるか?」が重要です。

ロウソクの火は、常に点火と消火を繰り返しています。一瞬点火して、一瞬で消える。言うなれば、刹那の繰り返しです。今の自分で精一杯思いを巡らせ、後はとりあえず動いてみる。結果は、今思って行動した通りになって行きます。人それぞれの価値観で、成功と失敗は違います。むしろ結果がどうであっても問題ではありません。刹那、刹那の時を私達は送って生きているのです。

この世を去る時には成功も失敗も、誇りも恥も全て消えてなくなります。残された人の記憶に残るかもしれませんが、本人には関係ありません。そしてその残された人達も、わずかな時間の差でこの世からいなくなるのです。

人生に答えがあるとしたら、「自分が喜んで生きられたか?」ということなのだと私は思います。そう考えれば「人にどう思われているか?」は重要ではありません。大切なのは自分がどう思うかです。自分に尋ねるしか、自分の進むべき答えは見つからないのです。他人の声ではなくて、本当の自分の心(魂)の声に耳を傾けていますか?

関連記事

PAGE TOP